事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

民主党兵庫県連政策セミナー

事務局2010.12.28
 
民主党兵庫県連政策セミナー

12月25日(土)、神戸市のラッセホールにて「民主党兵庫県連政策セミナー」を開催しました。民主党所属議員、候補者等が出席し、石井一参議院議員・県連常任顧問による「国家危機管理国際都市」についての講演および質疑応答を行いました。

 

「第13回定期大会」開催

事務局2010.11.29
 
「第13回定期大会」開催 「第13回定期大会」開催

11月27日、ラッセホールにて兵庫県連「第13回定期大会」を開催しました。
今年9月より外務副大臣に就任した松本剛明衆議院議員に代わり、水岡俊一参議院議員が新しい県連代表に選ばれました(当サイトの「組織」ページに本大会で選出された新役員を掲載しています)。

「第13回定期大会」開催

また同会場では、本大会と併せて「松本剛明外務副大臣・市村浩一郎国土交通政務官 就任記念講演」が行われました。

 

第8回 政策懇談会

事務局2010.11.08
 
第8回 政策懇談会

平成22年11月6日(土)、恒例となった政策懇談会を開催しました。第8回となった今回は、兵庫県商工会連合会、兵庫県老人福祉事業協会、障害者自立支援法訴訟基本合意の完全実現をめざす兵庫の会、環瀬戸内海会議・播磨灘を守る会、の4団体がご参加くださいました。
兵庫県商工会連合会は、特に郡市部で極め細やかな経営支援を行う各商工会への理解と支援を訴えられ、商工会の理事を努められた経験をお持ちの梶原康弘衆議院議員からは地域の社会経済状況が変わる中、会自身も新たなサービスや運営の改革に積極的に取り組んで頂きたいとエールが送られる一面もありました。
次の兵庫県老人福祉事業協会からは、医療体制や認知症専門職員が充実させている施設が負担を抱えている状況、デイサービスの送迎や日々の食費の計算基準などの問題があげられ、介護報酬体系の改善を要望されました。

第8回 政策懇談会

3団体目の障害者自立支援法訴訟基本合意の完全実現をめざす兵庫の会はその名の通り、裁判は和解に至ったものの実行されていない「定期的な検証」を、また今後新法制定の過程に障害当事者が参画できるよう求められました。障害をお持ちの当事者からは、障害によって自筆署名ができないため、公営住宅の契約、福祉目的の融資の契約などが交わせない、という切実なお話も頂きました。
最後に、環瀬戸内海会議は廃棄物・埋立が進む瀬戸内海への環境の影響を、長年にわたる独自活動・調査の報告に基づいてご説明、全く機能しない「瀬戸内法」への問題を訴えると共に、磯浜復元のための「脱埋立宣言」を呼びかけられました。
今回は急遽4団体となり、経済・高齢者福祉・障害者福祉・環境と幅広い分野での議論が交わされました。今後も現場の状況への理解を深めると同時に、政策への反映につなげられる機会の提供を、と考えております。

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.